修理に対するこだわり

私もあなたと同じく、車やバイクが大好きです。

愛着のある大切なものだからこそ、大切に使いたいと思いませんか?

初めまして、衞藤です。
KZー1300というバイクを皆様ご存知ですか?
日本に30台程度しかないと聞いていますが、
これ実は私の自慢のバイクです。
購入してからもう20年以上経ちますが、
いまでも綺麗に使うように心がけております。

私のように、大好きなものに愛着が沸いて大切に使いたいと考えている方は多いことでしょう。

使えなくなってしまっている物をまた使えるように、修理いたします。

革製品や車が大好きで、車のシートやカバンなど、
毎日使っていると「擦れ」や「色落ち」が出てきて人前
に出すと恥ずかしい…。そしてお気に入りの車の
シートや、使わなくなって押入れにしまったままに
なっているカバンなどを、気持ち良く使えるように
出来ないだろうか
と思い、この仕事を始めました。

今は物を大切にする時代です。車のシートなどの「擦れ」や「色落ち」などを直そうと思うと、
たくさんお金がかかると諦めていませんか?実際にはそんな事はありません。もちろん診断、見積り
が必要ですが、張替えや買換えを行うよりも安く済む場合がほとんどです。
「擦れ」や「色落ち」が出てきたといって諦めていませんか?そんなお悩みを解決致します。

塗替えの際の「色」について

塗替えのクオリティを決定づける「色作り」に妥協はしません。

自動車やバイクのシートでよく起こる「擦れ」や「色落ち」。
その場合、塗替えを行うには、同じ色合いの塗料を作り出す
ことから始まります。原色となる5種類の色があり、
それらをブレンドすることによって数百種類もの色が
生まれるのです。

色の比率などの配合方法は、メーカーは公表しない場合が多く、同じ色を作り出す事は、
補修、塗替えを行う上で1番手間のかかる作業でもあります。

しかし、手間のかかる作業であるが故に、補修、塗替えのクオリティを決定づける「1番大切な作業」
でもあります。だからこそ、当店では「色」にこだわります。

レザーテックジオ NAGOYA・WESTが
GENROQ(2009年2月号)で紹介されました。

そんなこだわりが認められ、皆様お馴染みの
GENROQにも当社でシートの補修を行った車が
登場しました。 これからも、愛着のあるものをいつま
でも綺麗に使いたいという方のために、
一生懸命精進していくつもりです。

「色作り」に妥協はしません。

細かな作業も、一切手抜きは致しません!

まずは右の写真をご覧下さい。これは革を補修、塗替えする前
に行う、クリーニングのBefore&Afterの写真です。

このように比較すれば解り易いのですが、実際には中々
気付き辛い物ですし、この作業についてお客様にお話しを
する事もほとんどありません。

しかし、このクリーニングが施工後に及ぼす影響は非常に大きな物になります。単に補修したり、色を
塗替えたりするだけではなく、目には見え辛い細かな作業でも、一切の手抜きを致しません。
ご安心してご依頼下さい。